企業理念

インテグレート・エンジニアリング生産システム。永年の技術蓄積が、品質の完全保証を実現します。

MAKEは1983年の設立以来、FA領域での先進的で広範多岐にわたる技術蓄積を続けてきました。この間に培われた19に及ぶ技術領域それぞれの進化・深耕はもとより、領域間の高いレベルでの融合によるソリューション能力の向上・革新に取り組んできました。「インテグレートされたエンジニアリング生産システム」。これが現在の、そして未来に至るMAKEの技術コンセプトです。品質・コストの両面で合理的かつ柔軟性のある生産ラインを一段高い次元で構築することです。ITやロボット技術を駆使して、あらゆる分野の生産システム、設備単体、周辺機器に効率的で高い能力を発揮させる開発技術にもいっそうの磨きをかけていく。海外の出荷が増加してゆく中、MAKEは日本でしかできないこうした「ものづくり」の可能性をさらに広げていこうとしています。

  • エンジニアリング・ソリューション

  • 多岐に関わる産業分野のオートメーション化

  • 世界に広がるエンジアリング

品質を完全保証するIE生産システム、私たちが実現をめざしているものです。

MAKEがめざすものは、FA化に必要・充分な対応をするとともに、IE(INDUSTRIAL ENGINEERING)に基づいた、品質・コストの両面に合理的で柔軟性を発揮する生産ラインをビルドアップすることです。

人・資材・設備を統合する先進的な生産システムの構築ノウハウは、これまでFA化技術を極めてきた過程で蓄積されてきましたが、MAKEはこの現状に満足することなく次の次元を意欲的に希求しています。

あらゆる分野の生産技術をシステムとして、あるいは単体の委託業務として受注するとともに、関連する周辺領域との整合性をも高めていきます。当面する課題解決を支援するだけではなく、常に新たな付加価値も創り続けていきたい。これが私たちのめざす、次のテクニカル・ディメンジョンです。

お問い合わせ窓口
  • ロボットシステム
  • 生産プロセス