ロボットシステム

ロボットシステム-省力化にある背景

ロボットシステム-省力化にある背景

日本国内や先進国、15億の人口をかかえる中国においても少子高齢化や労働人口の減少がこの先ますます進んでゆくと考えられています。
新興国における市場の成長による労務費の高騰・労働力不足から製造業の自動化のニーズを受け、またグローバルマーケットにおいての品質保障の観点からもロボットシステムへの需要は年々上がっていくと考えられています。
MAKEでは、ロボットシステムの開発にも注力し、お客様の需要に幅広くお応えします。

さらなる高速化、ロボットによるチームワーク

さらなる高速化、ロボットによるチームワーク高速箱詰装置システム

従来のラインであれば、ひとつのワークを終えてから次のラインに移るのがセオリーとされていました。時間がかかるワークもひとつのマシンでこなしていました。最近ではワークの分析化が進み、途中までのワークを次のマシンに渡し連携でサイクルタイムを短くするロボットシステムが登場してきました。

ハンド(エアチャック)ハンド(エアチャック)

ここではロボット単体ではない周辺機器やネットワークなどを併せ持った、高度な「ロボットシステムインテグレート」の開発がカギになっています。次項では、MAKEの開発の実例を紹介いたします。

MAKEが手掛けるロボットシステム

  • 6 軸多関節を使ったシステム
    6 軸多関節を使ったシステム

    2台のロボットを使用し、水没リークテスト、精度、欠品チェック、機種刻印を行うシステムです。治具交換により多機種に対応しています。
    可搬重量 50kg

  • ロボットが走行するシステム
    ロボットが走行するシステム
    ロボットが走行するシステム

    大型ワーク(60kg)を複製台のマシンに供給する為、10mの走行軸を有するシステムです。走行ロボットにより大型のツールの交換も行なっています。ハンドは多機種に対応する為、サーボ駆動のストロークの大きなタイプを装備しています。可搬重量 210kg

  • 多機種対応供給機付システム
    多機種対応供給機付システム
    多機種対応供給機付システム

    大型ワーク、自動供給の為、旋回式パレットタイプ供給機を装備した無人運転システムです。
    可搬重量 350kg

  • 画像処理を伴うシステム
    画像処理を伴うシステム

    コンベアより供給されたワークを、カメラにより位置検出・機種検知を行い、マシンに供給します。ワーク重なり解除機構を装備し連続運転を可能にしています。
    可搬重量 20kg

  • スカラタイプのシステム
    スカラタイプのシステム
    スカラタイプのシステム

    ワークサイズ、スペース、スピードにより、スカラ型ロボットを使用したシステムも製作しています。
    可搬重量 20kg

  • 直行ロボットシステム
    直行ロボットシステム

    Wアーム、リニア仕様
    スピーディなサイクルタイムと多工程のステーションに対応しています。
    可搬重量 15kg

  • 組立ロボットシステム
    組立ロボットシステム
    組立ロボットシステム

    複数のロボットを使用し、多工程を無人化した組立ラインです。
    ・初工程
    可搬重量 5kg×1
    ・後工程
    可搬重量 20kg×2

ロボットハンドについて

人の手の機能をロボットに反映したロボットバンド。そこには様々なアイディアが盛り込まれています。
MAKEでは多種多様なハンドを開発しています。

  • ロングストローク
    ロングストローク
    チャッキング能力:100kg
  • 多様なワーク形状に対応
    多様なワーク形状に対応
    適応:球体、立方体
  • あらゆるワーク姿勢に対応
    あらゆるワーク姿勢に対応
    適応:縦、横、中、外
お問い合わせ窓口
  • ロボットシステム
  • 生産プロセス