製品検索

製品詳細

プラネタリギア組立・検査ライン
Planetary Gear ASSY/QA Line

プラネタリギア組立・検査ライン<br />
Planetary Gear ASSY/QA Line

自動車のプラネタリ(遊星)ギアを組立て、検査するライン。 

組立工程は3つのセルから成り、セル間をコンベアで連結。工程は多岐に渡り、ピニオンギア・ニードル・ワッシャ・シャフトの組付け、BRG圧入、サークリップ挿入、ピニオンギア・リングギア・サンギアの噛み合わせ等、全29個の部品を組付け。

最後に検査セルを設け、実際にプラネタリギアASSY品を回し、振動検査を行う。全4セルの告ャで、全長は10mとなる。

Assembling and assessing the Planetary Gear.
Assembles 29 parts with more than 20 process stations and inspects the Gear ASSY with oscillatory measurement. The line is 10m long and consists of 3 ASSY units and 1 inspection unit.

  • 組立工程

    組立工程

    ラインタクトは35秒だが、ワーク1個に対し、4個の組付けが必要となるピニオンギアのステーションは、7秒で組付けを完了。部品供給部は、インデックス式を採用し、設備を止めずに供給可狽ニなる。CKD アブソデックス、IAI ロボット、KEYENCE 画像処理等を使用。

    Line cycle time is 35sec. However, 1 work-piece needs 4 Pinion Gears. Therefore, only 7 sec. is given to Pinion Gear sub-ASSY process. Using CKD Absodex, IAI robot, KEYENCE Vision system and so on.

  • QA工程

    QA工程

    QA工程では、ギアの焼き付け防止用にオイル塗布し、2Dコードを読み取り、トレサビリティとの通信を行う。振動検査後は、排出コンベアへ払い出される。

    振動測定には、エルメック 振動測定システム、昭和測器 加速度センサー、三菱 パウダーブレーキ、サーボモーター等を使用。

    Applying oil to prevent gear burnt, reading 2D code and communicating with tracability system. Using ELMEC Oscillatory measurement system, SHOWA acceleration sensor, MITSUBISHI Powder Brake, Servo Motor and so on.

  • 振動検査

    振動検査

    測定ステーションは設備本体から切り離し、外部の振動からの影響を抑えた。遊星ギアを上下から連結し、空中で回転させながら振動検査を行う。センサーで任意の軸の振動を測定し、判定する。

    In the oscillatory measuring, separate the station from the machine main body, so any unnecessary vibratinon will not be picked up. Engaging with Planetary Gear from top and bottom, then drive it in the air.

お問い合わせ窓口